ホーム>業務紹介>システム開発業務>ビジネス・ソリューショングループ>HLL/WB

HLL/WB(High Level Language/Work Bench)

HLL/WBの概要

HLL/WB(High Level Language/Work Bench)はSystem z向け開発環境であるIBM社 - Rational Developer for System z 製品に、日本語仕様書によるCOBOLやPL/Iアプリケーション開発作業を支援する HLL/WB Toolkitを統合した製品です。
この製品は、COBOLやPL/I のネイティブ言語ではなく、HLL/WB に特有の日本語のプログラム仕様書でアプリケーションをコーディングする日本企業の開発者の生産性を高めるツールです。
業務用語を使用したレコード設計やプログラム設計等の設計作業、および詳細な日本語仕様書によるプログラミングなど日本特有の開発環境をサポートします。

HLL/WB解説

    HLL/WBの特徴

  • 日本語のデータ辞書(用語辞書)を DB2上の表に保持
  • アプリケーションおよびプログラムの構造図/日本語仕様書を作成
  • COBOL や PL/I の言語ではなく、日本語の業務用語でメインフレーム・アプリケーションを記述
  • メインフレーム・アプリケーションを COBOL または PL/I のソース・プログラムに変換
  • COBOL または PL/I 用のローカルの構文チェッカーを使用して、変換されたプログラムを検証
  • ホストへのソース・プログラムのアップロード
  • 開発したすべての成果物をリポジトリーで管理


HLL/WBの主な適用業務

System z上で動作するレガシーアプリケーション


HLL/WBの業務実績

HLL/WBにつきましては、6社様にて導入または運用の実績がございます。

    業務概要
  • HLL/WB開発環境の構築
  • 旧バージョンのHLL/WBからのデータ移行
  • 補完ツールの開発(Eclipseプラグイン,Windowsバッチ,Excelマクロ等)
  • HLL/WB環境での開発運用検討および教育
  • 導入支援


株式会社大建情報システムは、IBM社製品 - HLL/WB関連案件で多くの実績を挙げています。